大田区 蒲田 歯医者 インプラント CTスキャン 審美歯科 予防歯科

 
ピックアップコンテンツ


大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

虫歯は細菌が口の中で食べかすから酸をつくりだし、その酸で歯が溶けた状態が虫歯になると考えられています。この考え方が基礎となって、次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。虫歯にならないためには正しい歯磨きを歯科衛生士、歯科医師に教えてもらうことや歯医者さんへの定期的に定期検診に通うこと、フッ素塗布、PMTCなどを行うことにより、虫歯のない健康な歯を持ち続けましょう。

@ むし歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになっている。
A むし歯菌が旺盛な活動をしている。
B 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
C プラーク(歯垢〈しこう〉、歯くそ)が歯に付着したままになっている時間が長い。

・C1の場合

虫歯ができ始めの状態。定期健診で早めに虫歯を発見し、すぐに治療できます。

・C2の場合

虫歯が進んで時々痛む。この時点で治療をすると、患部を削って詰め物をする程度で済みます。

・C3の場合

虫歯が進行し、ひどく痛む。歯の神経や歯根治療します。金属冠など、歯冠部にかぶせたり、詰めたりします。

・C4の場合

歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。

大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

子供たちの虫歯を治すことだけが小児歯科ではありません。
子供たちの心や身体は、休むことなく成長しています。そこで、虫歯や悪い噛み合わせ、歯の交換の異常など正しい成長を妨げる色々な原因を早くみつけ、とりのぞいて、正しい成長へ導いてあげることが必要です。その第1歩として、私たちとお子様がよりよい関係を作れるように、保護者様のご協力をお願いいたします。

1. 歯科治療に対してお子様の周囲の方が正しい理解と好意をお持ちください。
2. 歯の治療をすることは、怖いことではなく健康になることだということを、話してあげてください。
3. お子様のいらっしゃるところで、歯科治療に関する不快な体験を話したりしないようにしてください。
4. 必要なときには局所麻酔をして、痛みを取り除いてから治療を行います。お子様には注射という言葉は使わず「麻酔」といっています。ご協力ください。
5. 治療が終わったら「よくがんばったね。えらかったね」と、言葉のごほうびと励ましをたくさんあげてください。

大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

歯周病(歯槽膿漏)は日本人の80 % がかかるといわている病気です。しかし、みんながかかっている病気だからといって馬鹿にしてはいけません。そのままほおって置くとすべての歯を失う可能性もあります。
歯周病(歯槽膿漏)は歯と歯肉の境目にある歯周ポケットにプラーク(歯垢)がたまる事により歯肉に炎症を起こし、歯の土台となる歯槽骨(歯ぐきの中の骨)を溶かしていってしまう病気で重症になると、歯の周りの全ての骨(歯槽骨)がなくなり、歯が抜けてしまうものです。また、歯周病は自覚症状が無いないため、症状(痛い・歯が揺れる・臭う)が出た時には、かなり進行している可能性があります。


大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

誰でも入れ歯(義歯)にはなりたくないものです。しかし、入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで入れ歯(義歯)は痛くて噛めないとか、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯(義歯)の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯(義歯)を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。


大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

歯ぎしりの原因として下記があげられます。
・ ストレス、癖、心因性、が要因になっているもの
・ 習慣性によるもの(しゃべる職業、楽器演奏者などよく口を動かすことが多い職業)
・ 咬合性によるもの

治療方法としては、
・ ナイトガード(マウスピースなようなもの)を装着し歯ぎしり防止をはかる
・ 日ごろから息抜きをし、なるべくストレスを貯めないようにする

歯ぎしりをそのまま放置していると人は睡眠の妨げになるぱかりでなく、顎関節症の要因になったり、歯が割れたり折れたりする、知覚過敏、歯周病の悪化などの原困となるため早めにご相談ください。

大田区蒲田の歯科医院 なおのデンタルオフィス

歯並びが悪ければ、見た目が良くないだけでなく、噛み合わせも悪いので、全身の健康に大きく影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。また、矯正治療は虫歯や歯周病の予防にも有効です。

当院ではより高度な矯正歯科治療に関しては日本矯正歯科学会専門医の『ささき矯正歯科(佐々木祥隆先生)』との連携により治療をおこなっております。

※ささき矯正歯科:http://www.sasaki-kyousei.com/


なおのデンタルオフィス 蒲田インプラントセンター
東京都大田区蒲田5-28-2  MCMビル3F
c2007 Naono Dental Office allright reserved link